高血圧 健康食品

高血圧で怖いのは狭心症などの合併症です!症状が出る前に対策を!

高血圧はそれ自体は病気ではありませんが、様々な合併症の原因となります。高血圧が原因で引き起こされる深刻な病気といえば、脳梗塞や心筋梗塞ですが、そのほかにもよく知られているのが狭心症です。狭心症の症状としては胸のあたりに痛みを感じます。一点が痛いというよりは、胸全体に痛みを感じるのが特徴です。狭心症はどのようにしておこるのでしょうか。

狭心症の痛みの原因は心筋に十分な酸素がいきわたらなくなるために起こります。なぜ酸素が十分でなくなるかといえば、血管に問題があるため血液が十分に送られなくなるからです。高血圧による動脈硬化のため血管が狭くなったり、硬くなったりするのがその原因です。狭心症をそのまま放置しておくと心筋梗塞を引き起こし、死に到るケケースもあります。軽度の狭心症でもきちんと医師の診断を受け、再発を防止する必要があります。

狭心症の予防には食事と運動!

狭心症を予防するためには食事療法や運動療法があります。適度な運動を取り入れることで血圧を下げたり、心肺機能を回復することができます。ただし。狭心症を患っている人は心臓に負担をかけない運動をする必要があります。心筋症患者には高齢者の割合が高いので、無理のない運動をおすすめします。体に負担をかけない運動とはウォーキングやサイクリング、水泳などの有酸化運動です。バスや電車に頼らず一駅分歩いたり、プールでウォーキングをするなどが理想的です。また運動の効果はすぐにはあらわれませんので一日1時間程度の運動を継続的に続ける必要があります。

狭心症の要因は高コレステロールや高血圧です。高血圧や高コレステロールを改善するためには食生活の改善なしでは成しえません。高血圧の人は太っている人が多いのですが、肥満は心臓に負担をかけます。まずは標準体重まで落とすことを目標にしましょう。肉や乳製品などの動物性蛋白質を控え、野菜や海藻類などビタミン、ミネラル、食物繊維が多い食品を摂取するように心がけましょう。塩分を減らすのも大変有効です。塩分を摂りすぎると、体内のナトリウムを排出するために水分量、血流量が増え、血管に負担を与えます。これが血管が硬くなったり、狭くなったりする動脈硬化へ進行するのです。

その他にも飲酒や喫煙を控えることも重要です。飲酒はおつまみなどを食べることでカロリー過多、塩分過多になりますし、生活も不規則になります。喫煙は内臓にとって大きな負担になります。このように医師の指導のもと生活習慣を見直すことで血圧を下げ、狭心症の再発を防ぐことができます。

コーヒーが血圧を下げる?!ポリフェノールのすごい効果

最近はコーヒー好きな人が増えていますが、コーヒーは高血圧によくないと言われてなるべく飲まないようにしたいる人もいると思います。そんな人に朗報です。コーヒーは必ずしも血圧を上げるわけではないということが最近ではわかってきました。コーヒーには二つの作用があります。コーヒーに含まれるカフェインには中枢神経に働きかけ覚醒作用があります。この作用により、心筋機能がアップし血圧を上昇させることが高血圧患者には好ましくないとされてきました。しかし、最近の調査ではコーヒー一杯に含まれるカフェインの量は微量でコーヒーを飲んだからと言ってすぐに血圧が上がるということはないという結論に達しました。

またコーヒーには利尿作用があります。高血圧患者の薬には利尿剤もあるほどですので、利尿作用があるコーヒーは反対に好ましい飲み物ということになります。コーヒーを飲むことに問題があるとすればミルクや生クリーム、砂糖などを大量に入れる場合です。肥満は高血圧の大敵です。油やコレステロールを含む食品はなるべく避けるようにしましょう。肉や乳製品などの動物性タンパク質を控え、大豆などの植物性タンパク質を積極的に摂るように心がけましょう。

ほっと一息コーヒータイムは血圧を下げる?!

その他にもコーヒーを飲むことにより気持ちをリラックスさせ、ストレスを軽減することもあります。たとえば仕事で長い間デスクワークをしたり、職場の人間関係に悩んだり、会社にいる間は血圧が上がる職場高血圧というものがあります。それでも大好きなコーヒーを飲んでいる休憩中だけは血圧が下がるという現象がおこります。コーヒーを飲むことでストレスが解消されるのであれば、血圧を下げるのに一役買ってくれるといえるでしょう。

また最近の研究によりますとコーヒーに含まれるクロロゲン酸にはアンチエイジングの効果の他にがんや糖尿病などにも効果があることがわかってきました。コーヒーの独特のにおいやあの黒い色がクロロゲン酸です。またクロロゲン酸には脂肪を減らす効果もあるようで健康食品メーカーなどがクロロゲン酸を含んだ食品や飲料を販売したりしています。

以上のことからもわかるように一日数杯のコーヒーが原因で血圧が上がるということはありません。気にせずコーヒータイムを楽しんでください。

軽度の高血圧ならまずは食事を見直そう!おすすめの食材は?

中年期以降高血圧に悩む人は急激に増えます。加齢ととともに高血圧を発症するケースが多いからです。高血圧の主な原因としては塩分の取りすぎ、肥満、運動不足、ストレス、飲酒、喫煙などが挙げられます。高血圧をうったえる人のほとんどがこの中のいくつかに心当たりがあるはずです。高血圧はそれ自体は病気ではありませんが、その状態が長引くと体のあちこちに合併症を引き起こします。合併症の中でも最も怖いのが脳梗塞や心筋梗塞など命を落とす危険性のある病気です。深刻な病気でなくても、頭痛、めまい、吐き気、貧血など高血圧による体の不調はいろいろあります。高血圧は悪化する前に受診するのが好ましいのですが、その場合まず医師に勧められるのが生活習慣の改善です。

高血圧には塩分が大敵!

高血圧患者のほとんどが医師の指導のもと、なんらかの食事療法を行っています。まず気をつけなければならないのが塩分です。塩分を多く摂ると、体内に溜まったナトリウムを排出しようとして水分量が増えます。その際に血液量も増えて、血管に負担をかけてしまいます。この状態が頻繁に起こると血管はぼろぼろになり、硬くなったり、狭くなったりして高血圧を引き起こしてしまいます。まずは毎日の食事から塩分を減らす努力をしましょう。塩分を減らすためには醤油や塩などが多く含まれる調味料を避け、レモンや酢などを用いて物足りなさを補いましょう。

塩分を減らすためにはまず外食をなくすことです。外食では塩分量をはかることはできません。また飲酒もできれば止めた方がいいでしょう。というのも、お酒を飲む人は一緒につまみを食べるケースが多く、つまみ類はお酒がすすむように味付けの濃いものが多いのです。また仕事帰りなどにお酒を飲むと帰宅時間が遅くなるなど生活が不規則になりがちです。その結果、十分な睡眠がとれない、朝時間がなくてきちんと朝食を食べることができないなどということになりかねません。

高血圧患者向けのメニューは病院で指導してもらったり、専門の書籍やインターネットで検索するなどしましょう。ビタミンや食物繊維を多く含む野菜や果物を多く摂るようにしたり、ミネラルの多い海藻なども理想的です。またできれば動物性たんぱくをさけ、大豆などの食物性たんぱくをとるようにしましょう。和食に比べ、洋食はバターなどの油分を含む調理法などが多いのでできるだけシンプルな和食中心のメニューを考えましょう。

海外旅行に行きたいけれど高血圧でも飛行機に乗って大丈夫?

高血圧患者の多くが海外旅行に行くことをためらうようです。というのも、長時間飛行機に乗ることが高血圧を悪化させると言われているからです。また急に症状が悪化したときに海外では対応できないのではないかという懸念があります。高血圧でも海外旅行に行けるのでしょうか。

海外旅行に行けるかどうかは個人の症状の差がありますので一概には言えません。飛行機に乗っていいかどうかなどはまずはかかりつけの医師に相談する必要があります。高血圧患者は飛行機に乗ったからといって必ず大事に至るわけではなく、そのような事故のニュースもあまり聞いたことがありません。飛行機に乗ると上空では酸素が薄くなり、気圧も低くなるので体に負担がかかることは間違いないでしょう。また高血圧患者は高齢者が多いのでその他の合併症などが心配です。

飛行機に乗る時にはこんなことに注意!

飛行機に乗る際に気をつけなければならないことがいくつかあります。まずは最近よく言われているエコノミー症候群です。エコノミー症候群とは長い間同じ姿勢でいることにより血中に血栓ができ、それによって動脈などがつまり呼吸困難になるなどの症状が出ます。もし高血圧患者がエコノミー症候群になれば健康な人よりも深刻な症状になることが予想されます。エコノミー症候群にならないためには水分を多く摂ったり、機内を歩いたりして長時間同じ姿勢でいないようにすることです。飛行機の中ではアルコールのサービスもありますが、お酒を飲むと尿が出やすくなり、水分が排出されてしまいますのでエコノミー症候群を引き起こしやすくなります。

その他にも飛行機に乗る際には常用している薬のほかに緊急時の薬も持参しましょう。緊急時に血圧を下げてくれる薬、血圧を安定させていれる薬などは必ず持っていきましょう。そのほかに安定剤などもあると安心ですが、飲み合わせなどに問題がないか、きちんと事前に医師に確認する必要があります。

機内の食事にも気をつけましょう。普段は塩分少なめ、野菜中心の食事を心がけていても機内や旅行先では思うようには行かない場合があります。大手航空会社は糖尿病患者などのための特別食を用意してある場合もありますが、多くの場合一般的に好まれるような濃い味付けが多くなってしまいます。食べなれないものを食べて急に血圧が上がったり、気分が悪くなったりということもあるかもしれません。いろいろなことを想定した上で、海外旅行に行くべきかどうかよく考えましょう。

最近やたら肩こりがひどい!そんな人は高血圧を疑ってみて

最近肩こりがひどい、そう悩んでいる人は肩こりの原因について考える必要があります。まず考えられるのは仕事で長い間同じ姿勢をしている、パソコンの画面をずっと見ている、重いものを持ったなどの原因です。しかし、高血圧が原因で肩こりが起こっている可能性もゼロではありません。肩こりと高血圧の関連性について考えてみましょう。

高血圧によって血液のめぐりが悪くなることにより、肩周辺の血液の流れも滞り、筋肉が硬くなります。そのため肩こりがおこるわけです。また反対に肩こりがひどいために高血圧が悪化するということも言えます。このような悪循環を回避するためには高血圧と肩こり、両方に対する治療を行う必要があります。

肩こりにはストレッチや入浴が効果的!

肩こりを改善するためには適度なストレッチがおすすめです。肩の筋肉を強化することで肩こりを改善することができますが、高齢者には少しハードかもしれません。両手を伸ばしたり、肩をひねったりする簡単なストレッチなら座ったまま体に負担をかけずにできますので毎日5分程度継続して行ってみましょう。朝のラジオ体操なども動きが穏やかで高齢者でも無理なく取り入れることができます。

肩こりを解消するためには入浴も効果的です。ぬるめの湯にゆっくりとつかることが肩こりやストレスの解消につながります。また温めたタオルなどを首や肩に乗せておくのも疲れがとれます。しかし、肩こりだけを改善しても高血圧が長引けば肩こりもひどくなる可能性があります。肩こりを直すと同時に、血圧を下げるための生活習慣の見直しも必須です。

血圧を下げるための食事療法などは情報が豊富ですので高血圧に対応したメニューを毎日の食事に取り入れましょう。塩分の取りすぎは高血圧の大敵です。塩や醤油など塩分の多い調味料を控え、酢やレモンなどで味にバラエティをもたせましょう。外食は塩分量がわかりづらいのでなるべく控え、自炊するように心がけましょう。適度な飲酒は健康にもよいとされていますが、過剰な飲酒は生活を乱れさせ、高血圧を悪化させる要因になりかねません。適度な運動が効果的なのはもちろんのこと、十分な睡眠もストレスを解消させ高血圧の予防につながります。

生活習慣を見直すことで高血圧や肩こりを予防するだけでなく、生活そのものが健康、健全になり、将来の病気の予防にもなります。食事制限により肥満が解消されれば、運動も楽しくなりますし、いいことづくしです。最初は面倒だったり、体力的に辛かったりするかもしれませんが続けることで多くのメリットがあります。

血圧は加齢とともに上昇!高齢者を高血圧から守るためには?

高血圧には様々な要因があります。ストレス、肥満、運動不足、飲酒、喫煙などがその一例ですが、加齢もまた高血圧の原因の一つです。高齢者には高血圧で悩む人が多くいます。高齢者の高血圧にはいくつか特徴があります。高齢者の高血圧は最高血圧が高くなりがちです。そのため最低血圧との差が開き、血圧をコントロールできな状況になりがちです。老化によって血管も柔軟性を失い血液の流れが悪くなります。また自律神経が低下することにより血管の収縮機能が衰えることも高血圧を招く原因です。

その他にも高齢者の場合、脳に血液を送る力が弱くなる傾向があります。そのため血圧が上がり、頑張って血液を脳に送り込んでいるわけです。それを降圧剤で抑制してしまうと十分な血液が脳へ運ばれず、めまいや頭痛などの症状を引き起こします。高齢者は合併症などがある場合も多く、使用する薬に関しては慎重にならなければなりません。降圧剤は種類も多く、特徴も様々です。自分の体質に合った薬にたどりつくまで時間がかかる場合が多いでしょう。

まず一日の血圧の変化を知ることが大切

また高齢者の多くは一日の間に血圧が高い時間と低い時間があります。とくに早朝高血圧と呼ばれる明け方血圧が高くなる症状が起こります。早朝高血圧が起こる原因は就寝時に飲んだ降圧剤の効き目が明け方には切れてしまうことや、冬など布団の外に出ると急激に温度が下がることなどが考えられます。これらの原因を回避するためには効き目の長い降圧剤に切り替えたり、布団の中でストレッチなどをして体温を上げてから出るなどの工夫をするといいでしょう。一日の自分の血圧の変化を把握し、血圧をコントロールすることが大切です。

高齢者が高血圧を長期にわたって放置すると脳梗塞や心筋梗塞、狭心症などの致命的な病気になりやすくなります。高血圧の高齢者の多くが糖尿病を併発しています。高齢者の高血圧は深刻ですので多くの場合降圧剤などを使用しますが、とくに合併症などがない場合はまず生活習慣の見直しを指導されます。高血圧のおもな治療法は食事療法と運動療法です。塩分やコレステロールの摂り過ぎに注意しましょう。適度な運動もストレスを解消したり、体の機能を高めたりするのに効果的です。高齢者の場合、運動の種類も限られてくると思いますので無理をせず医師の指導のもとストレッチなどを取り入れるといいでしょう。

高齢者の高血圧は死に直結するので大変危険です。体に異変を感じたらすぐに医師の診断を受け、治療を行うことが大切です。

ストレスは万病のもと!ストレスを解消して血圧を下げよう!

高血圧はそれ自体は病気ではありませんが、放置すると様々な合併症を引き起こします。さらに高血圧の原因はいろいろあり、明確に断定することはできません。そのため治療や予防としてどのような処置を施せばいいのかわからないケースが殆どです。なかにはホルモンや神経の異常からくる高血圧もありますが、それは稀です。一般的に高血圧の原因と言われているのが肥満、喫煙、飲酒、運動不足、塩分過多などですが、中でも一番大きな要因はストレスです。

私たちは生きている限り様々なストレスを感じています。会社でのストレス、家庭でのストレス、身近な人の死などもストレスを悪化させる要因です。このようなストレスの多い現代社会で全くストレスを感じずに生活することは難しいことでしょう。ストレスが高血圧を引き起こす仕組みについて考えてみましょう。人はストレスを感じると交感神経が刺激され大量のアドレナリンを分泌します。このアドレナリンが分泌されると、心臓の動きが活発になり、血液の量が増えます。血流が増えたことにより血管が収縮するのです。頻繁にこのようなことが起これば、血管に多大な負担を与えることになります。

ストレスの赤信号を見落とすな!

ストレスを軽減するためにはどうしたらいいのでしょうか。私たちは案外自分がどれくらいストレスを感じているか自覚のない場合が多くあります。まずは自分のストレスを認識する必要があります。ストレスの症状としては肌荒れ、頭痛、風を引きやすい、腹痛や下痢をおこしやすい、眠れないなどがあります。薬を飲んでどうにかやり過ごしている人が多いと思いますが、放置しておくと危険です。ストレスを解消するためには健康的な食生活を心掛けること、十分な睡眠をとること、適度な運動をすることなどが一般的に推奨されています。

その他にもなにか自分の興味のあることに没頭したり、仲の良い友人と会話をしたり、ゆっくり入浴したり、個人差はありますが解消法はあるはずです。最近気になるのが職場高血圧です。これはストレスを最大に感じる職場での血圧が異様に高いという状態を指します。家で血圧を測ると正常なのに会社で図ると高い場合は職場高血圧の可能性があります。残業を減らしたり、仕事の合間にストレッチをするなど、ストレスを溜めこまないように注意しましょう。

高血圧と高脂血症は切ってもきれない関係!高脂血症を予防するには?

高脂血症という言葉をご存じですか。高血圧の人にはぜひ知っておいて欲しい病気です。高脂血症は血液中の脂質が異常に増える病気です。血液中の脂質にはコレステロール、リン脂質、中性脂肪、遊離脂肪酸などがあり、含まれる割合によって高脂血症のタイプが異なります。高脂血症になり、血液中の脂質が増えると血液がどろどろになり流れにくくなります。そうなると血管が細くなったり、硬くなったりしてつまりやすくなります。血管がつまると狭心症、心筋梗塞、心不全などの深刻な病気が発症します。血管が脳の近くで起こりますと脳梗塞になる危険性もあります。

高脂血症には食生活の見直しがマスト!

高脂血症が怖いのは全く自覚症状がないことです。知らず知らずの間に血管がぼろぼろになり、動脈硬化が進行します。合併症によって初めて高脂血症と診断されるケースもあります。高脂血症を改善または予防するためにはとにかく食事制限が必要になります。高脂血症と診断される人のほとんどが肥満もしくは標準体重を上回っています。まずはカロリー制限をしましょう。カロリーの高いものは大抵脂やコレステロールを多く含む食品が多いのです。まずは食事全体の量を見直しましょう。ご飯を何倍もおかわりするなどもってのほかです。次に重要なのが食事の質です。肉や乳製品などの動物性たんぱく質を控え、野菜中心のメニューを心がけましょう。野菜や海藻類にはミネラル、ビタミン、食物繊維を多く含みます。

アルコールもダイエットの大敵です。アルコール自体は贅肉にはなりにくいのですが、お酒を飲みながらおつまみなどを食べたり、生活が不規則になったりすることが問題です。酒の肴は味が濃く塩分の多いものが多いので注意しましょう。またお酒を飲んで遅い時間に帰宅し、十分な睡眠時間がとれなかったり、翌朝朝食を抜いたりするような乱れた生活を改めるようにしましょう。

高脂血症の予防のためには適度な運動が効果的です。サイクリングやジョギング、水泳などの有酸化運動が高脂血症や高血圧の人にはおすすめです。高脂血症の場合は内臓脂肪も多いので単純な食事制限だけではなかなか脂肪をおとすことができません。内臓脂肪が多くなると血管に負担をかけ、血圧がさらに上昇しますので要注意です。仕事が忙しいなどの理由で運動する時間を取れない人は自宅でできるストレッチなどからまず始めてみましょう。三日坊主にならず自分ができる範囲で無理なく続けることがポイントです。

また定期的に健診を受け、血圧をはじめ、コレステロール値や中性脂肪値などをチェックしましょう。食事制限や運動の効果がみられればよりやる気がおこると思います。

最近話題のペプチド!実は血圧を下げる効果もあるんです!

高血圧と診断されるとまずは生活習慣の改善を指導されます。高血圧の主な原因としては塩分の取りすぎや肥満、運動不足、喫煙、飲酒、ストレスなどがあげられます。食生活を改善し高血圧を改善するための食事メニューにしたり、毎日ストレッチなどの運動を取り入れたりする必要があります。しかし、仕事が忙しいなどの理由からなかなか生活改善に取り組めない人もいます。しかし、だからといって降圧剤などの薬を飲むことに抵抗を感じる人もいるでしょう。降圧剤は副作用も多く、自分にあった薬をみつけるまでには時間がかかります。

最近よく耳にするペプチドってなに?

とりあえず手軽に高血圧を改善したいと考える人におすすめなのがペプチドです。聞いたことはあるけれど、具体的にどんなものでどんな作用があるのかわからないという人も少なくないはずです。ペプチドはたんぱく質です。アミノ酸同士をつなげてペプチドが作られるわけですが、アミノ酸にもいろいろな種類がありますので、ペプチドにもいろいろなペプチドがあります。

高血圧に効果があると言われているペプチドの一つがゴマペプチドです。ゴマペプチドはACE酵素の働きを抑制することで血圧の上昇を抑えるというものです。ゴマペプチドを含んだサプリメントやドリンク類が最近では数多く販売されていますので、とても手軽に摂取できます。しかし、降圧剤などの薬と違って飲んですぐに血圧が10も20も下がるというようなことはありません。薬ではありませんので効き目は穏やかで1ヶ月以上飲み続けてようやく効果が感じられるようになることが殆どです。しかし、ゴマペプチドを摂取しているという意識から食事にも気を付けたり、運動をするように心がけたり、生活改善につながる人も多くいます。

ゴマペプチドの他にもラクトペプチドが高血圧に有効です。ラクトペプチドを含んだ人気の商品といえばアミールSです。これは乳酸ドリンクでアミールSを飲むことにより血管を収縮させる物質を抑制し、血圧の上昇を防ぎます。こちらも仕事や家事の合間に手軽に飲むことができますので忙しい人におすすめです。アミールSに含まれるラクトペプチドに関しては会社が行った調査によるとアミールSを飲用した人は飲用しなかった人に比べて血圧の降下を実感しているということです。このようなデータがあるとより期待が高まりますね。

最近動悸が激しい!高血圧はこんなに心臓に負担をかけている!

高血圧が慢性化すると様々な症状があらわれます。高血圧からくるめまい、吐き気、頭痛、動悸などに悩まされている人も多いでしょう。高血圧はそれ自体は病気ではありませんが、長引くと様々な合併症を引き起こします。代表的なのが狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などです。このような深刻な病気はときに命を落とすこともありますので、早急に治療を始める必要があります。

高血圧には2種類あります。高血圧の原因はおもに運動不足、遺伝、ストレス、肥満、飲酒、喫煙、塩分過多などがあげられますが、生活習慣を見直すことで症状を改善することができます。一方で持病が原因で高血圧が起こる場合もあります。ホルモン異常、血管の病気、神経系の病気を持っていると高血圧になりやすくなります。このような持病があると急激に血圧が上がるようなこともあります。その際には立っていられないほどの動機や息切れ、めまいなどを感じることもあります。もし頻繁に動悸が激しくなる時にはなにかの病気が進行している可能性もありますので注意しましょう。

動悸が激しくなったらまずは楽な姿勢で!

動悸が激しくなった場合にはできるだけすぐに横になるようにしましょう。手足を伸ばしたり、足を高い位置においたりして工夫しましょう。胸部に保冷剤などを置くのもいいでしょう。また気持ちを鎮め、慌てたりしないようにすることも大切です。

高血圧の薬は様々なものがありますが、副作用も多く、服用するのをためらう人も少なくありません。投薬治療を始める前に生活習慣を改善し、薬に頼らず血圧を下げる努力をしましょう。まずは食事を見直すことです。高血圧に効果があると言われているトマトやバナナなどを食事に取り入れたり、薬ではなくペプチドなどを含むサプリメントを摂取するのもいいかもしれません。塩分を控えることは必須です。塩分を摂りすぎると体内のナトリウムを減らすために血液量が増え、血管に負担をかけることになります。塩分量は医師の指導のもと厳密に守るようにしましょう。運動不足を指摘された人は適度な運動を取り入れるのが理想ですが、仕事や家事が忙しくて時間のない人は自宅でできる軽いストレッチから始めてみましょう。いきなりジョギングをしたり、スポーツジムに通い始めてもなかなか継続するのは難しいと思います。まずは三日坊主にならないような軽い運動からスタートしましょう。